韓国書籍 小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ 「私の美しいおばあさん」韓国書籍 小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ 「私の美しいおばあさん」韓流ショップ9791160949643
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
 

韓国書籍 小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ 「私の美しいおばあさん」

商品名 : 韓国書籍 小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ 「私の美しいおばあさん」

商品コード : ESSA0556

価格 : 2,390円(税込)

ショップポイント : 119

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料



韓国書籍 小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ 「私の美しいおばあさん」

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2022.08.19以後
規 格:121*188 / 224P
著 者:シム・ユンギョン
出版社:四季

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

「私の美しい庭」「ソリ」
小説家シム・ユンギョン、20年ぶりの初エッセイ

ちゃんと愛して表現する方法を教えます。

「ご飯の食べ方も忘れたおばあちゃんになった私が意味なく明るく笑っていたら、
その時、私は私だけの偉大な成就を成し遂げているところだ。」

「私の美しい庭」「ソリ」などで大きな愛を受けてきた小説家シム・ユンギョンが作家活動20年を迎え、初めてエッセイを出した。 作家は自身の小説に出てきた良い大人たちの原型は「おばあさん」だったと話す。 本には作家が子供を育てながら悟った祖母の愛し方についての話でいっぱいだ。 受け取った人が受け取ったことも知らない静かな愛で小さな魂を満たしてくれた祖母の賢い養育方式は、今日の子供に多くのものを与えようとしたが、むしろ失敗してしまう養育者たちに良い案内書の役割をしてくれる。

小説家としてではなく、生活人としてのシム・ユンギョンは特有の機転とユーモアを装着し、自分の日常を率直ながらも生き生きと聞かせてくれる。 育児奮闘の中で新しく再確認するようになった祖母の愛と中年に体験することになった憂鬱と小説家としての危機、家族と友人の話は読者に作家と一層近づく機会を与えてくれる。 さらに、私たちの心の中に残っている祖母の残像を悟らせ、「祖母」のような気持ちで自分自身を愛する方法を教えてくれる。

■ 目次

作家の言葉

1. 突然の涙
2. 赤ちゃんには何が必要だろうか
3. あなたが子犬なら
4. 寛容の中に消えたものたち
5. 両愛の平行宇宙
6. 静かな世界
7. 傷なしで怒られること
8. おばあちゃんへの道
9. 五つの愛の言葉
10. ボーナスだなんて、なんと
11. 子どもは親のすきで育つ
12. 最善という幻想
13. 半分はおばあちゃん
14. 私が甘い?
15. ありがたい無心
16. 期待と激励の二つの顔
17. 私の美しいおばあちゃん

推薦の言葉

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ