韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッセイ 「心のすること」 (ハードカバー)韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッ韓流ショップ9791186602836
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
 
  • トップ
  • 韓国版本 (小説、漫画)
  • ESSAY
  • 韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッセイ 「心のすること」 (ハードカバー)

韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッセイ 「心のすること」 (ハードカバー)

商品名 : 韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッセイ 「心のすること」 (ハードカバー)

商品コード : ESSA0535

価格 : 2,590円(税込)

ショップポイント : 129

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料



韓国書籍 数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家あるいはミュージシャンであるオ・ジウンのエッセイ 「心のすること」 (ハードカバー)

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2022.05.30以後
規 格:115*180 / 168P
著 者:オ・ジウン
出版社:ウィゴ

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

数え切れないほど多くの夜明けを支えてくれた作家、
オ・ジウンの新作エッセイ

「心がすることは明らかだ。
明らかだが永遠に掴めないのが心かも知れない。
心をつかむためにあちこち歩きまわる できた数年間の痕跡を残します。」

一人で漠然としていた時間をじっと観察した散文集「見慣れた夜明け3時」を通じて、似たような時期を過ごす人々のそばで数え切れないほど多くの夜明けを耐えさせてくれた作家オ・ジウン。 40歳を過ぎたばかりの女性として、一時ルーキーだったが、今は先輩になったミュージシャンとして、まだ締め切りの前で途方に暮れる作家として、年を取るのに自ら幼い頃の夢見てきた姿とは違う大人になってしまったという事実に当惑する人々に話しかける。

彼は28才の時に書いた歌に「大人になっていくのは知恵が生まれること」という文句を入れたが、今は知恵とは自動的に生まれず、ますます状況は複雑になり問題は簡単に解決されないということを知る年齢になった。 今足をつけているここで少しでも心に風が通るようにするには、闇に食われず明るいところを見るには、波に流されないためにはどうすればいいのか。 オ·ジウンは時間に押されて自然に流れてしまうものをしっかりつかみ、じっと見つめ、時には正すために、心を尽くしてあちこち歩き回っている。 できた数年間の痕跡をこの本に盛り込んだ。

■ 目次

序文 - 心がすることは明らかだが

1部
朝の習慣
私は知らないくせに
人文学の危機は永遠だ。
消費と香り
ズルゲームラー
ロールモデル探し

2部
窓の中の世界と外の世界
締め切りが大変でも
願いをかなえた翌日の生き方
芸術と舞台と職業と人
永遠じゃないってこと。
見える職業
老害についての考察
人間界のおばさんは今日も思う

三部
泥の中で踊る踊り
揺らぎながら駆けつける人
前に立つ人に起こること
ある選択とある重さとある嫌悪について
子供の手をつないで地雷原を眺める

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ