韓国書籍 日常で休止符が必要な時に静かな風が感じられるヒーリング小説 「本の台所」韓国書籍 日常で休止符が必要な時に静かな風が感じられるヒーリング小説 「本の台所」韓流ショップ9791165345204
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

韓国書籍 日常で休止符が必要な時に静かな風が感じられるヒーリング小説 「本の台所」

商品名 : 韓国書籍 日常で休止符が必要な時に静かな風が感じられるヒーリング小説 「本の台所」

商品コード : NOELK280

価格 : 2,550円(税込)

ショップポイント : 127

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 日常で休止符が必要な時に静かな風が感じられるヒーリング小説 「本の台所」

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2022.05.12以後
規 格:134*200 / 296P
著 者:キム・ジヘ
出版社:ファクトリーナイン

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

時間が1テンポ遅く流れるような
本の台所で空腹を満たし、リラックスしてください。

「何もしなくてもいいです。」
澄んだ空気、安らかな休息、そしておいしい本一冊とともに
「ソヤン里ブックスキッチン」でしばらく休んでください。

スタートアップを創業して数年間前だけを見て走ってきた主人公ユジン、偶然訪れたソヤン里で魔法にかかるようにブックカフェを開くことに決心し、ソウル生活を未練なく整理する。 好みに合う食べ物を推薦してくれるようにぴったりの本を推薦し、本に合うおいしい食べ物を食べながらヒーリングするところ、隠しておいた心まで慰められて励まされるところ、「ソヤン里ブックスキッチン」はそのようにオープンする。 そこを訪れた9人のお客さんにはどんな事情があるのだろうか。

■ 目次

プロローグ - ソヤン里ブックスキッチン
第1章 - おばあちゃんと夜空
第2章 - さようなら、私の20代
第3章 - 最適経路と最短経路
第4章 - 真夏の夜の夢
第5章 - 10月第2金曜日午前6時
第6章 - 初雪、懐かしさ、そして物語
第7章 - クリスマスですから
エピローグ1. - 星の光と風がとどまる時間
エピローグ2. - 1年前の今日です

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ