韓国書籍 映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶 「ホホホ (好好好)」 エッセイ韓国書籍 映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶 「ホホホ (好好好)」 エッセイ韓流ショップ9788960907249
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

韓国書籍 映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶 「ホホホ (好好好)」 エッセイ

商品名 : 韓国書籍 映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶 「ホホホ (好好好)」 エッセイ

商品コード : ESSA0448

価格 : 2,330円(税込)

ショップポイント : 116

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶 「ホホホ (好好好)」 エッセイ

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2022.02.05以後
規 格:128*190 / 204P
著 者:ユン・ガウン
出版社:心散歩

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

「私たち」、「我が家」の映画監督ユン・ガウンが取り出して見た幸せの記憶
あの頃私たちは小さくて温かくて, ちょっと変なものが大好きだった

「何かを好きな経験はいつも貴重で特別だ」
ユン・ガウンを「慰めて笑わせた」 特別なリスト。

「その時の記憶が依然として 深い勇気と力になってくれる」
また新しく経験する、私たちみんなの幼年時代について

映画「私たち」、「我が家」で子供たちの世界を繊細な視線で表現した映画監督ユン・ガウン。 「我が家」は“子供俳優と共にする大人の皆さんへのお願い”という撮影のお知らせが広まり、話題になった。 子供俳優をプロとして同等に尊重することを内容とした撮影の心得に多くの人が応えたのだ。 ユン・ガウン監督の最初の散文集「ホホホ」のタイトルは“いつでも何でも好きになる準備ができている人”と自分を紹介する著者が友達から聞いた言葉から出た。 “普通の人は各自の好き嫌いというものがあるじゃないか。 ところが君は好き好き好きがあるようみたい。”

■ 目次

プロローグ: 好きな心を探して

1. 好きなことが好きだと言う
2. 冒険はそうやって始まった
3. ただ歩くために

エピローグ : 私だけが好きなわけじゃないかも

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ