(韓国語版)日本書籍 音符と記号で書き起こした日々の記録 「久石譲 音楽する日乗」 エッセイ(韓国語版)日本書籍 音符と記号で書き起こした日々の記録 「久石譲 音楽する日乗」 エッセイ韓流ショップ9791159315084
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 

(韓国語版)日本書籍 音符と記号で書き起こした日々の記録 「久石譲 音楽する日乗」 エッセイ

商品名 : (韓国語版)日本書籍 音符と記号で書き起こした日々の記録 「久石譲 音楽する日乗」 エッセイ

商品コード : ESSA0303

価格 : 2,340円(税込)

ショップポイント : 117

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

(韓国語版)日本書籍 音符と記号で書き起こした日々の記録 「久石譲 音楽する日乗」 エッセイ

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2020.08.01以後
規 格:130*190 / 288P
著 者:久石譲
出版社:本世界

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

心を響く映画音楽の大家久石譲が
楽譜に音符を刻むような文字ので書いた音楽

‘若い巨匠’、ピアニストのソン・ヨルムの監修と推薦
″久石譲はベートーベンに最も似たこの時代の音楽家だ!”

宮崎駿の魂の相棒久石組、
クラシック音楽を指揮する!

″生まれ変わっても、僕は作曲家になりたい”
音楽家としての哲学と思索が込められたエッセイ

■ 目次

プロローグ

1章 振る
《第9》を指揮して思うこと
クラシック音楽を指揮するようになるまで
指揮者についてのあれこれ
僕が指揮をするわけは?
作曲家と指揮者の関係
作曲家兼指揮者とプロの指揮者の違いとは
作曲家兼指揮者の有利な点
作曲家兼指揮者がこの時代に指揮をする意味とは何か?
《広島の犠牲者に捧げる哀歌》を指揮する
音楽が音楽になる瞬間のこと
クラシックは演奏するたびに新しい発見がある
「神が降りてきた」
ドゥダメルの演奏会を聴いて
イタリアで自作のコンサート
指揮者のような生活

2章 伝える
音楽を伝える方法には何があるのか?
音楽の原点について考える
伝統か人工的かということ
伝達方法としての譜面について
演奏における自由度−ジャズとクラシックの違い
発想記号の使い方について
楽譜の不完全さについて
オーケストラに何をどのうように伝えるか
コンサートマスターってどんな人?

3章 知る
音楽と視覚と聴覚の問題
視覚と聴覚のズレはどうして起こるのか?
音楽は時間軸と空間軸の上に作られた建築物?
絵画に描かれた時間と音楽における空間表現
昨日の自分と今日の自分は同じか?
音楽を構成する3要素を座標軸で考えると

4章 考える
イスラエル・フィルを聴いて思ったこと
「ユダヤ人」と芸術表現をめぐって
音楽の中の「ユダヤ的」なもの」について
マーラー作品の中の「永遠の憂情」
映画『卒業』をめぐるあれこれ
音楽の進化−倍音の発見
音楽の始まり−古代ギリシャからグレゴリオ聖歌へ
譜面の発達−ポリフォニー音楽の時代
ハーモニーのための革命的方法論−平均律
和音が音楽にもたらしたもの
最もシンプルな音楽の形式は?
ソナタ形式の中の第1主題と第2主題
ロマン派の音楽と文学の関係
シェーンベルクの天才ぶりと、その目指したものは・・・
十二音音楽ってなに?
「商業化された大量生産」の音楽の台頭と行く末
音楽はどこに行くのだろうか? 世界はどこに向かうのだろうか?

5章 創る
曲はいつ完成するのか?
「今という時代のなかで、作曲するということ」
対談 久石譲X小沼純一

エピローグ

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ