韓国書籍 疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話 「死にたいけどトッポッキは食べたい」 エッセイ韓国書籍 疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話 「死にたいけどトッポッキは食べたい」 エッセイ韓流ショップ9791196394509
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
 

韓国書籍 疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話 「死にたいけどトッポッキは食べたい」 エッセイ

商品名 : 韓国書籍 疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話 「死にたいけどトッポッキは食べたい」 エッセイ

商品コード : ESSA0082

価格 : 1,990円(税込)

ショップポイント : 99

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話 「死にたいけどトッポッキは食べたい」 エッセイ

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2018.06.20
規 格:128*188 / 208P
著 者:ペク・セヒ
出版社:図書出版フン

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

疑いもなく、気楽に愛して愛されたい一人の話。
10年以上に気分不全障害(軽いうつ病の症状が持続される状態)と不安障害を経験し、精神科を転々とした著者や精神科専門医との12週間の対話をつづった「死にたいけどトッポッキは食べたい」。

“私たちは泣かない人ではなく、
泣きたいときに泣くことができる人でなければならない。”

”大丈夫、陰がない人は
光を理解できない。”
私たちは難しいと自分ををもう一度殺す。 困っている自分が嫌で憂鬱をいやと考えて、悲しみの前でも自分を検閲する。
その中でも人の目を気にして、そんな自分をもう一回自責する。 その疲れて無気力に陥っている。

■ 目次

無事に生きているのにどうして心はさびしいのか

1週間、ちょっと憂鬱です。

2週間、私もし虚言証人ですか。

3週間、私が私を監視します。

4週間、特別になりたい心がとても特別ではなくて

5週間、その自尊感ていうやつ

6週間、私をよく分かりたいならどうすればいいですか。

7週間、規定して、断定して、がっかりして、離れて

8週間、ついに、薬物副作用

9週間、度を過ぎた外貌の強迫と演劇性人格障害

10週間、なぜ私を好き? こうしても? こうしても?

11週間、私がきれいに見えません。

12週間、心の底で

大丈夫、陰がなかった人は光を理解できない

精神科専門医の言葉:不完全さが不完全さに

付録 憂うつの順機能

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ