韓国書籍 言葉と人と品格に対する考えを書いた人文エッセイ 「言葉の品格」韓国書籍 言葉と人と品格に対する考えを書いた人文エッセイ 「言葉の品格」韓流ショップ9788997092772
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
 

韓国書籍 言葉と人と品格に対する考えを書いた人文エッセイ 「言葉の品格」

商品名 : 韓国書籍 言葉と人と品格に対する考えを書いた人文エッセイ 「言葉の品格」

商品コード : ESSA0024

価格 : 1,990円(税込)

ショップポイント : 99

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 言葉と人と品格に対する考えを書いた人文エッセイ 「言葉の品格」

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2017.05.29
規 格:128*182 / 232P
著 者:イ・ギジュ
出版社:雄牛ブックス

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

イ・ギジュ作家の新作エッセイ集!

言葉は心の声だ。
人香は人の言葉で噴出してくる。

■ 目次

序文
言葉はそれなりの帰巣本能を持つ

1講 以聴得心、聞けば心を得る
尊重、よく言うためにはよく聞かなければならない
傾聴、相手はあなたの口ではなく、耳を望んでいる
共感、あなたの痛みは私の痛み
反応、対話の水路を向ける行動
交渉、極端の間で折衷点を探す
鎌状、ともに温もりを交わす席

2講 寡言無患、言葉が少なければ心配がない
沈黙、時には言葉も休むことが必要である
簡潔、言葉の分量に縛られる必要がない
肯定、言葉は、度々現実と共鳴する
鈍感、ゆっくり反応すれば速度に追いついている
視線、観点の中心を傾けること
陰口、私の言葉はまた私に帰ってくる

3講 言爲心聲、言葉は心の声だ
人香、人の香り
言行、言葉と行動の間の間隙
本質、簡単に混ざったり消えないこと
表現、言語の柄と木目を多彩に
関係、つくるのではなく、積むこと
騒音、尖ってうるさい音

4講 大言淡淡、大きい馬は力がある
転換、負ける方法を知ってこそ勝つ方法を知っている
指摘、温かさで生まれた冷たい言葉
質問、本質と真実を聞くこと
将来、過去と未来は一ヵ所で息をする
連結、二人の共通点を模索する努力
広場、二分法の垣根を超えてみよう

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ