韓国書籍 言葉と文には、それなりの暖かさや冷たさがある 「言葉の温度」エッセイ韓国書籍 言葉と文には、それなりの暖かさや冷たさがある 「言葉の温度」エッセイ韓流ショップ9791195522125
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
 

韓国書籍 言葉と文には、それなりの暖かさや冷たさがある 「言葉の温度」エッセイ

商品名 : 韓国書籍 言葉と文には、それなりの暖かさや冷たさがある 「言葉の温度」エッセイ

商品コード : ESSA0022

価格 : 1,990円(税込)

ショップポイント : 99

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 言葉と文には、それなりの暖かさや冷たさがある 「言葉の温度」 エッセイ

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2016.08.19
規 格:112*184 / 308P
著 者:イ・ギジュ
出版社:マルグルタ

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

言葉には、それなりの温度があると思う。

■ 目次

序文_あなたの言葉の温度は何度ぐらいかですか。

1部 言葉、心に刻むこと

私よりもっと痛い人
言葉も医術になるでしょうか
愛は弁解しない
暇そして頑丈さ
言葉の墓、言葉塚
一度かけてみた
相変わらずあなたを懸念しくれ
あなたは5月を似ていますね
目的地なしで旅に出る
不在の存在
道端の花
本当に謝罪は痛い
偽物と本物を区別する法
宇宙のような事情
端に押し出される人たち
忖度上に咲く慰労という花
私がない私たちのための結婚
磨耗の跡
旅行を職業にしたやつ
努力を強要する暴力
ソロ風邪脆弱論
忙しさの系統
喜劇と悲劇
自分に似合う道
もともとそんなものとそうでないもの
一年の最後の日
もっとやれなくてごめんね
親と子を連結するひも
愛之欲其生

2部_文章、散らない花

掻く、文、懐かしさ
誰かには前妻人
愛と言う言葉はどこからきたのだろうか
母を植えている
人を豊かにすること
涙は目にだけあるのではない
代替できない存在
代替できない文章
ライティングはリライティン
私の中にあなたがいる
幸せな辞典
いずれも森へ帰った
娘に送るお休みのキス
二人だけの宝捜し
プロとアマチュアの差
時間の空白を埋めていること
虹の橋
よく見ると、違うことが見える
地獄は希望がないところ
悲しみにひざまずく
ただその人だけを見せた瞬間
男が海に飛び込む理由
パンを食べる関係
道をなくした人たち
活字中毒
警備員が手帳を使う理由
侵食や堆積
文の前でたじたじとなるときは私は
開始ほど重要な作業

3部_行、生きているという証拠

帽子が散歩を務めたため
風も巣の材料
イ・セドルが証明する
あなたの思い出をお探しいたした日
愛はしばしば後ろを歩いている
怒りを付き合う方法
丸がなりたかった歳暮
ジジヒャン(紙之?)、紙の故郷
感情は動くものだ
済州島が教えてもらったもの
旅行の目的
暗い夜を受け入れることが真央
線を引くこと
彼女はどうして取ったのだろうか
様々な類型の記憶
大人になるということ
年を決定する要素
旅行を率いる人
柔らかいことと硬いもの
名前を呼ぶこと
可能性の同義語
空が晴れる時期
季節の隙間
季節が送ってきた手紙
体が声をかけた
ファヒャンベクリインヒャンマンリ
観察はすぐ関心
私をゆるししなければならない理由
他人の不幸
美しいことを美しい感じる時

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ