韓国書籍 作家イランが自分あるいは世の中に投げかける果てしない質問 「一体何しようという人間だと思った」 エッセイ韓国書籍 作家イランが自分あるいは世の中に投げかける果てしない質問 「一体何しようという人間だと思った韓流ショップ9791158160524
2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

韓国書籍 作家イランが自分あるいは世の中に投げかける果てしない質問 「一体何しようという人間だと思った」 エッセイ

商品名 : 韓国書籍 作家イランが自分あるいは世の中に投げかける果てしない質問 「一体何しようという人間だと思った」 エッセイ

商品コード : ESSA0154

価格 : 2,290円(税込)

ショップポイント : 114

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
★在庫の選択

選択
在庫あり×売り切れ
お取り寄せ

 10,000円以上は配送料無料

韓国書籍 作家イランが自分あるいは世の中に投げかける果てしない質問 「一体何しようという人間だと思った」 エッセイ

商品発送完了の後の商品キャンセルの場合は往復送料が請求されますので、この点予めご了承下さい。

発刊日:2016.12.23
規 格:128*187 / 288P
著 者:イラン
出版社:ダル

★この本は韓国語で書かれています。

■ Book Info

経験し続けても私という人は
何か大きく間違ったようだ

みんな自分をどう思って生きて行っているんだろう
いったい何をすれば少しでもよくなるか

■ 目次

ネイバーに検索したら出る人です
対話を憶える
鏡を見る大きな鏡を見る
職業は浪費する人
私も魚だったのかな?
これ以上はいやだ
生きたいです
私たちは仕事をして別れるの
ぶるぶる
私と私の恋人たちはどうして
そんな日があったわね
歌のような名々
素敵な人が歩いて行く
二十九歳の二十九万ウォン
いくらですか。
ソウルに住む人が聞くべきの歌
下痢と魔鬼
歌の料理する
嫌いな人がみたい
笑って悲しき眠る
すみませんでした。
私たちの仕事は踊りになる
悲しくにも腹が立つ
いつまでくれるんだろう
ちょっとおもしろかったかな。
笠をかぶり
神は素敵でバカだ
あの人をまねした
新曲の部屋
逃げろ
また海へ、また死に
書けるできる
一生懸命していたのか。
手話で悪口を言いたくて
お前が何?
残りの13名はあんまり好きじゃなかった
さっぱり
にせ物で笑った
会いたくてそうした
毎日遅い
幸せになりたかった
悔しかった
投げて大声を出すとよかろうか
それにもかかわらず
泣き笑い、そして聞く
そして聞き直す
私たちは静かに歩いて帰る
猫と男に会った
プロフェッショナルな私
ありがとうございますと言って
みんな顔が育つ
出て十二人の友人たち
おばあさんになった気分
夢に入る
また会って笑った
前脳化を頼む
ただ撮りたいから
のんびりと都市を利用すること
あごが痛い
完成の瞬間に
ティータイムが必要だ
読書タイムが必要だ
職業で固断する
雪山とロールケーキ
今日私は
もう少し延期すべきだ
消えにくい
独語訓練
コートが格好いいといわれたい
世界の中心
食べ流す人生
すべて有名な人になってほしい
世の中に必要な人になってほしい

ユーザー評価

ニックネーム :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ